直ぐ返すと言う夫に30万円貸して、返済を要求したら逆ギレされた、世間によくありそうな話。

夫に30万円貸して、返済を要求したら逆ギレされた話。

この話を書く理由は前回のマンション代金で揉めた話を書くための前振りです。

夫の懐事情とお金に対する感覚の前振りです。

前回のお話↓

大阪のマンションを売ろうかなと軽い気持ちで見積もり頼んだら秒で売れた話。

夫は日本人の平均より年収は高いと思う。

正確な金額は知らない。家計は別々だからです。

でも夫の貯金はほぼゼロだ。理由は半端なく金使いが荒いからです。

夫の金使いがどのくらい荒いかと言うと、私の知っている夫の1か月のお小遣い使途不明金の最高額は70万円だ。普通のサラリーマンなのに。しかも、高い商品を買った訳でも無く、ただダラダラと2日に一回くらい銀行で五万とか三万とかを引き出して、結局1か月で70万円使っていた。

そんな感じで、お金は有れば容赦なく使う。

何に使ったのか聞いても、「わからない」と言っていた。

貯金ゼロなのに、何考えてるんだろう?とは思うけど、

夫の人生なんだから好きにすれば良いと思う。

ある日夫が「会社の旅費精算したら返すので30万円貸してくれ。」と言って来た。

「30マンってデカく無い?」と聞くと、

「先輩のも払うから高額になった。精算が終わったらすぐに返すから」と、感じ良く頼んで来た。

そう、お金を借りる時は感じ良く来るのだ。

私は旅費精算が終わったらすぐに戻ると信じて貸した。

だけど、1月経っても返してくれない。

旅費精算しないと経理の人も困るよね?

どーなってんだ?と思い、旅費精算について尋ねると、

逆ギレして来た。

「返すって言ってるのに、信用出来無いのか?信用出来ないなんて家族じゃない!!」と。

私思うんだけど、旅費精算に家族も信用も関係無いよね、事務手続きだよ。

その逆ギレぶりで、旅費精算はウソだと解った。

「30万何に使ったんだよ、とっとと返せよ。」と思ったけど、逆キレしてる人には言わなかった。

よくおばあさんが「お金は絶対に人に貸してはいけないよ。」って言うけど、

あれは本当だと思う。

ニュースの金銭トラブルの事件でも殺されてるのは貸した方だ。

私が夫にお金の返済を要求した時点で、夫にとって私は鬱陶しい人になった。

借りる時とは真逆で、凄くウザそうにして嫌ってた。

本当にバカバカしい。

お金は絶対に二度と貸さない。

この他にも80万円振り込んで事案とか、色々あるけど、まあいいや。

また暇な時に書きたくなったら書きます。

本当は楽しいお話を書きたいのに、、、何でこんな恥部を晒してるんだか。

旅費精算貸倒れ事案は3年くらい前の出来事ですが、普段は普通に暮らしてます。

しばらく後に、萬田銀次郎ばりに、回収しました。

嫌な事があると心が冷めて行くけど、夫婦なんてこんなもんだよね?

夫にも良いところもあるしね。

それに、夫婦は合わせ鏡って言うらしいので、私にも自覚は無いけど、いい歳して貯金ゼロに匹敵する何かがあるハズだしねー。

なんだろう??

自分でわからないの怖いよねー。

そんなこんな薄汚い話は忘れて、大阪滞在楽しみだー!

PVアクセスランキング にほんブログ村