文鳥さん、夜はスッと寝てくれるようになった。

以前、文鳥さんが夜になかなか寝てくれないと悩んでたんですが、

最近、ここ2ヶ月前くらいからですが、

夜はスッと寝てくれるテク?を見つけました。

キャスリンちゃんと私にしか通用しない技かもしれませんが、参考になればと思い書きまーす。

コツは夕方暗くなってきたら電気を点ける前に寝てもらう。

今なら、日の入りは18時過ぎなので、18時前くらいから少し暗くなってきて、人間としては、お部屋の電気をそろそろつけようかな?という位の明るさになります。

その時、電気を点ける前に、文鳥さんに寝室となるゲージ(わが家の文鳥さんの寝室はプラケースなんですが)に、入ってもらいます。

規則正しい生活で、朝ちゃんと早起きしてるので、日暮れには眠くなるみたいです。

で、外はだんだん暗くなってきてるし、昼間用のゲージから寝室にしてるケースに、私の肩経由で、直ぐに入ってくれます。

そして、文鳥さんが寝室ケースに入ったら、大げさに褒めます。

キャスリンちゃん、褒められたらわかるみたいで、何か嬉しそうな鳴き声を出します。

もしかしたら寝室が好きなので、寝室に入った喜びの鳴き声かもしれませんが、、、。

本当に夕方になると自主的に寝てくれるようになったので、ありがたいです。

そして、朝は元気に目覚めます。

日の出時刻のちょっと前に起きちゃうのは、飼い主的にはツライですが、文鳥さんは夕方には寝てるから仕方ないかな?

キャスリンちゃん、毎日とっても元気です。